ドイツ雑記*アリアンツ・アレーナ

c0266036_21201825.jpg

この旅行のメインイベントは、
ドイツサッカー・ブンデスリーガ・
「バイエルンミュンヘン」の試合を
ホームスタジアムの「アリアンツ・アレーナ」で観戦する!こと。

ミュンヘン中央駅から地下へ降りて
地下鉄(Uバーン)に乗ること20分ちょっと。
ただ・・・
ドイツ語も勝手も全くわからない私たち、
その道のりは遠かった^^;
何とかそれらしき人たちと合流して同じ車両に乗ったのですが、
怖い。。!!!
地下鉄ホームからチームサポーターの応援合戦が始まり、
地響きのような歓声(怒号)と盛り上がり。
血気盛んな大きな(!)人たちでギュウギュウの、
通勤ラッシュさながらの満員電車に乗っていくんです。
どうか争いごとなど勃発せず、
無事にたどり着きますようにと
本気で祈ったほどでした(泣)


c0266036_21203601.jpg
なんとか到着。
息苦しい地下鉄から解放されてほっとしました。
駅から地上に出ると、あとは皆同じ方向に向かって歩くのみ。
目指すはアリアンツ・アレーナ。
ここからまた歩きます。意外と遠かった。



c0266036_21205908.jpg
バイエルン・ミュンヘン VS ボルシア・メンヒェングラートバッハ
バイエルンを応援する気満々の私たち。。。



c0266036_21211008.jpg

ところが、なんとボルシア応援席だった私たち^^;;;
ロッペンしか知らない私なのに~;;;

試合はバイエルン圧勝と思いきや
ロッペン途中OUTで流れがボルシアに。
そのままボルシア2-0で勝利。

試合終了すると、すっかりボルシアファンになっていたわが家でした。
だってすごかったボルシア♪
そしてやっぱりすごかったブンデスリーガ。
スタジアムの一体感ときたら!


c0266036_22120932.jpg
バイエルン・ミュンヘン カラーにライトアップされた
アリアンツ・アレーナ。
幻想的で素敵でした。
息子、大興奮の一日。15才の少年にとっては
とにかく刺激的な経験だったにちがいないですね。

6万人が一斉に家路に向かう現実に
また無事にホテルに戻れますようにと願いながら
スタジアムを後にしたのでした。
息子の3倍くらい生きている私にとっても刺激的でしたよ(笑)
こんな経験なかなかないし、もうないだろうな~

・・・その後1週間も経たないうちに、
また似たような経験をするとは思わなかったその時。。。










[PR]